プロフィール

 
昭和44年7月3日 鹿児島生まれ
平成元年国士舘大学文学部地理専攻科中退後、
初代林家木久蔵(現・林家木久扇)へ入門。
前座名「きく兵衛」。
  翌平成2年初席、池袋演芸場にて初高座「寿限無」)
  平成5年二つ目昇進。「林家 彦いち」に改名。
 
平成12年度 10回「北とぴあ落語大賞」受賞
平成12年度 NHK新人演芸コンクール落語部門 大賞受賞
  平成14年春 真打昇進
平成15年 彩の国落語大賞殊勲賞受賞
平成15年 第九回林家彦六賞受賞
平成16年 SWA(創作話芸アソシエーション)を昇太師、喬太郎師、白鳥師、山陽師と旗揚げ。落語ブームの一端を担う。
平成18年 彩の国落語大賞受賞


平成18年 読売新聞に掲載したコラムが高校入試問題に採用。
平成22年 CD「彦いちばなし」二枚(睨み合い・完全版、友情・全身日曜日、さいとう、他彦いちの短か噺)。
平成23年 リコーの人気カメラCX5、CX6の花火モードのシャッター音に
      「たまや〜」を提案。彦いちの声で2秒〜8秒バージョン入れる。
平成24年 WOWOWでのバーチャル映像を使った
       「RFC落語ファイトクラブ」を企画から参加、出演。
平成25年 CD「青菜・長島の満月」彦いち落語(ソニーミュージック)。
平成26年 小学館集英社とテレビ東京の企画「大人の逸品」にて
     「彦いちの懐(ふところ)鞄」を製作。(この年の鞄部門で売上2位)
平成27年 自作の創作落語「熱血怪談部」を(画・加藤休ミ)絵本化
       (あかね書房)
   
前座の頃から新作落語を創り始め、応用落語、落語ジャンクションなど新作落語の会に参加。同時に古典落語の会も定期的に主催。
以後、都内をはじめ各都市や地方にて独演会を行う。
北沢のタウンホールで先輩や仲間を迎えての「落語組み手」開催。
独演会「喋り倒し」を下北沢「劇」小劇場にて定期的に開催。
旅の噺をスライドショーと共に喋るライブも不定期に行っている。
(カナダユーコン川・紀伊国屋ホール、蘇民祭、シルクロード・本多劇場、
屋久島・博品館、ヒマラヤエベレスト・北沢タウンホール・・・・他)

日々の気持ちと実験的落語をやってみたいことから、2015年夏より
小さなスペースで「彦いちラボ」を開始。
     
   
 
紋・・・・光琳蔦(こうりんつた)

出囃子・・鞠と殿様


【書籍】
「楽写」(小学館) 林家彦いち 著
 





「いただき人生訓」(ポプラ社) 林家彦いち著
左は表紙イラストを書いていただいた寺田克也さんが書いた特別バージョン表紙
 

 
  「楽語・すばる寄席」(集英社) 共著 夢枕獏、SWA五人衆(彦いち、白鳥、山陽、昇太、喬太郎)
 

 「え〜カミさんを一席」(講談社)星野めみ著/作品協力 彦いち全7巻。
(表紙写真も撮らせていただく)
 
 
 
・社団法人落語協会季刊誌「ぞろぞろ」にて表紙写真担当(平成12年新春号〜平成14年春号)
 
・アウトドア誌「BE-PAL」(小学館)にて「彦いち道場」(平成14年10月〜15年連載)。
 
・季刊「笑芸人」(白夜書房)にて「我ら(らって誰だ?)彦いち探検隊」(平成14年vol.7〜不定期連載)。
                                       
・「食楽」(徳間書店)「おいしい時間」写真・文を掲載。  
・「小説すばる」(集英社)に、新作落語書き下ろし。
・「下北沢カタログVOL.2」(フリースタイル社出版)
・「総合教育技術」(小学館)エッセイ
                     
連載
・読売新聞日曜版にて「トライ」を不定期連載。 
・・アウトドア誌「BE-PAL」(小学館)にて「彦いち道場」。
 その後「BE-PAL」さんにはお世話になっている。
・月刊地球環境(日本工業新聞社)にて「彦いちのワクワク地球噺」
・「パブリディ」(牧野出版)にて「楽屋の名言集」
・東京かわら版「新作日和」にリレーエッセイ。
・「SOOK」(小学館)に「彦いち噺」。  
 
【DVD】
「彦いち噺」(竹書房)DVD−BOX
DISC1 林家彦いち 彦いち噺DVD 創~SOU~ 「熱血怪談部」「青畳の女(ひと)」
DISC2 林家彦いち 彦いち噺DVD 礎~ISHIZUE~ 「猿後家」「天狗裁き」「不動坊」
特典映像:神田山陽師、大槻ケンヂ氏出演
「林家彦いち 喋り倒し」〜野田知佑、夢枕獏とユーコン川を下るDVD
(コロムビアミュージックエンターティメント)
落語ドキュメンタリー世紀末大全 林家彦いち  「愛宕川」(一八がユーコン川を下る壮大な!?落語、「保母さんの逆襲」、他、ゲストに白酒師を招き蘇民祭のスライドショートーク。
落語家Xの快楽「林家彦いち×益子卓郎(U字工事)コロンビアエンターティメント
   
 
 




【テレビ】【ラジオ】
NHK「笑いがいちばん」「爆笑オンエアバトル」「いつも過激にパラダイス」
「特選落語」「上方落語会」 「BSふれあいホール」「演芸図鑑」他
日本テレビ「レベルのラベル」「スーパージョッキー」「笑点」「BS笑点」他
テレビ東京「開運なんでも鑑定団」「新春東西寄席」
CX系「すこやかさん」「お台場寄席」「高田文夫の相手の部屋」「北野チャンネル
大喜利」「クイズミリオネラ」
MBC南日本放送「林家彦いちドキュメント・座布団の上のファイター」
KKB鹿児島放送「ふるさとお国自慢」(平成15年〜現在)
「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)
「闇夜にコソコソ」(フジテレビ)
「なないろ日和」(テレビ東京)
「釣り百景」(BS−TBS)

ニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」「チャリティ・ミュージックソン」他
文化放送「志の輔ラジオ」「新春大喜利」「四谷二丁目宣伝部」他
ラジオ日本「バチバチ電波注意報」
ベイFM特番「きれいな水で遊びたい」「フリントストーン」
SBS静岡放送「土曜はワクワクパラダイス」(平成4年〜6年)
YBS山梨放送「清水宏のPさせて」他
東京FM「恵俊章のデァフレンズ」
Jwaveなど
TBSラジオ「らんまん寄席」「e-nine」「アクセス」「永六輔その新世界」他
NHKラジオ「花緑・彦いちの面白ジョッキー」「真打競演」「ふれあいラジオパーティ」他
「平成落語家ジョッキー」
「渋谷極楽亭」(現在レギュラー出演中)
TBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」(レギュラー出演中)
 
【CM・広告】
テレビ東京系「上野浅草仏壇通り」
九州沖縄編「エバラ焼肉のタレ」
福島放送「温泉宿 山水荘」
ズズキ自動車 「エブリィワゴン」


渋谷東急セミナーにて「新作落語講座」(現在は「落語作家への道」)の講師
東京都立大学にて非常勤講師として「比較文化論」を担当。
 

落語協会アウトドアクラブ「ビッグマンタクラブ」の隊長として仲間とミクロネシアから多摩川まで遊び倒し、今やアウトドア活動は、ライフワークなっている。
「BE-PAL」(小学館)にてアウトドアな落語家として「雪の中で落語」「座禅堂と落語」「テントで初笑い」・・・・・など遊びの延長の企画で度々登場。
*2002年の真打昇進の際には、BE-PAL様より後ろ幕とのぼりをいたきお落語協会幹部の並ぶ披露目口上では、落語史上初!後ろにカヌーが並ぶ。







平成13年 アウトドア雑誌で「米味噌ツアー」に参加。沖縄慶良間の無人島へ。そこに台風来襲!嵐の高波の中をシーカヤックで漕ぐことに。気が付くと夜に。伝説のシーカヤックガイド仲村忠明さんのナビのもと、なんとか切り抜ける。

平成15年 野田知佑氏、夢枕獏氏と共にカナダユーコン川をカヌーで下る。

平成17年 夢枕獏氏、佐藤秀明氏、寺田克也氏、辰野勇氏らとシルクロード
の西域南道を旅する。
 

転校生だったため、いじめから逃れるため自らを鍛える事に。柔道二段。
大山倍達に憧れ、大学在学中極真空手入門。挌闘魂・極真魂はその後、落語魂として生き続けている。
格闘技者としては強くはないのだが柔道時代から鍛えたすねで木製バットを折るという究極の裏芸を持つ。しかし平成13年あるテレビ番組で数年ぶりに、これを披露したところ足を痛め、封印し、鍛え直す事に。身を持って生兵法を学ぶ。
平成11年、元タイガーマスク佐山聡氏の主催する団体「掣圏道」でリングアナウンサーを努める。
 


師木久蔵(現木久扇)にもらった陸ガメをきっかけに、生き物を飼育する事に興味を持つ。陸ガメ以外にフトアゴヒゲトカゲ、熱帯魚等飼育。
平成8年「週間朝日」、同年「女性自身」のカメ通信、平成9年「東京新聞」のハローペット、朝日新聞等に掲載。